読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりどりえほん

絵本好きのWebディレクターが、毎回テーマにそって、絵本を数冊紹介していくブログです。

日本の絵本賞をまとめました

あまりまとまっているところが無かったので、メモも兼ねて書いてみます。創設時期の古い順。随時更新していきます。

日本絵本賞

「絵本芸術の普及、絵本読書の振興、絵本出版の発展に寄与する」ことを目的に創設。対象絵本は、2015年10月から2016年9月までに、日本において出版された絵本。

主催:(公社)全国学校図書館協議会、毎日新聞社

創設時期:1995年(前身の「絵本にっぽん賞」は1978年創設)

公式サイト:日本絵本賞公式サイト

過去の受賞作品:

 

 過去受賞作品について、別記事で詳しく書いています。↓

www.toridori-ehon.com

 

講談社 絵本新人賞

公募新人賞。応募作品は原則として、幼児・児童を読者対象とした自作未発表の創作絵本作品で、単行本として絵本を商業出版した実績のある方は応募できません。

主催:講談社

創設時期:1979年

公式サイト:絵本新人賞 | 講談社絵本通信

過去の受賞作品:

 

MOE絵本屋さん大賞

全国の1900人の絵本専門店・書店の児童書売り場担当者にアンケートを実施、その年に最も支持された絵本30冊を決定しています。

主催:月刊絵本雑誌「MOE」(白泉社)

創設時期:2008年

公式サイト:絵本屋さん大賞|絵本のある暮らし|月刊MOE 毎月3日発売(なぜか2014年の第7回から更新されていません…)

過去の受賞作品:

 

be絵本大賞

未発表の絵本を募集し、応募作品からグランプリ作品を選出し、出版、映像化を目指すプロジェクト。講談社絵本新人賞とは異なり、作家自身の実績は問わないようです。

主催:フジテレビKIDS、BSフジ、ポニーキャニオン、扶桑社

創設時期:2008年

公式サイト:be絵本大賞

過去の受賞作品:

 

ようちえん絵本大賞

回によって選考基準は異なるようですが、最も最近の第8回は、"子どもに読み聞かせたい絵本"、"お父さん・お母さんに読んでほしい・お勧めしたい絵本"を選考の基準として、(公財)全日本私立幼稚園幼児教育研究機構・調査広報委員会が、過去5年以内に出版された絵本の中から選考されたとのこと。

主催:(公財)全日本私立幼稚園幼児教育研究機構

創設時期:2009年

公式サイト:ようちえん絵本大賞:幼児教育の調査・研究 - 私立幼稚園.com

過去の受賞作品:

 

リブロ絵本大賞

リブロ・よむよむ・パルコブックセンター各店の児童書担当者が「広く紹介したい」「強くおすすめしたい」と思う作品を選ぶ良書発掘企画。

主催:株式会社リブロ

創設時期:2010年

公式サイト:リブロ絵本大賞とは? - スペシャル - リブロ | LIBRO | よむよむ | パルコブックセンター

過去の受賞作品:

 

えほん大賞

応募作品は自作未発表作品に限る、公募賞。絵本の公募賞ではめずらしく1年に2回(4月・10月)開催されています。

主催:文芸社

創設時期:2011年

公式サイト:第12回えほん大賞 - 文芸社

過去の受賞作品: