読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりどりえほん

絵本好きのWebディレクターが、毎回テーマにそって、絵本を数冊紹介していくブログです。

大人に読んでほしい!日本絵本大賞受賞の5冊

あらゆる芸術作品がそうであるように、絵本も「〇〇賞受賞」作品は面白いもの。

絵本に関連する賞は国内・海外たくさんありますが、今回は「日本絵本賞」受賞作品の中から、オススメの5冊を紹介します。

日本絵本賞とは

公式サイトの言葉をお借りすると

(公社)全国学校図書館協議会と毎日新聞社によって、1995年度より「絵本芸術の普及、絵本読書の振興、絵本出版の発展に寄与する」ことを目的に創設されました。

日本絵本賞公式サイト

という賞です。

過去の受賞作タイトルは、公式サイトwikipediaに掲載されています。

この賞の受賞作品は、大人も楽しめる(時に、大人向けに感じる)ものも多く、毎回注目しています。

2017/3/15、第22回の結果が発表になりました!大賞は荒井良二さんの「きょうはそらにまるいつき」が受賞されました。

30000このすいか

ひろいはたけでのんびり暮らす、3万個のすいか。

とあるからすの会話を聞いて

それを きいた すいかは きぜつしそうになりました

(本文より)

さてさてどうする、すいか…?

根性のあるすいかたち、途中困難があろうとも、どうってことなく

ラストまでつきすすみます。かわいいだけじゃない、毒をはらんだ素敵な絵本です。

30000このすいか

30000このすいか

  • 作者: あきびんご
  • 出版社/メーカー: くもん出版
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: 大型本
 

 

オオカミがとぶひ

こどもと会話をしていて、「なんで〇〇だと思う?」と聞いたとき

「だって▲▲が××してるから」と、

第三者が出てくること、ありませんか。

きょうは かぜが つよい びゅうびゅう びょうびょう ふきぬける

だって オオカミが かけまわっているから

(本文より)

この絵本では、大人が思いつかないような「動物のしわざ」がたくさん出てきます。

雨と風の強いある夜を、躍動感のある絵が盛り上げます。

オオカミがとぶひ (こどもプレス)

オオカミがとぶひ (こどもプレス)

  • 作者: ミロコマチコ
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2012/08/12
  • メディア: ハードカバー
 

 

ものすごくおおきなプリンのうえで

スイーツがすごく、大きかったら…

なんて、きっと想像したことがありますよね。

のぼってみる?食べてみる?みんなで遊ぶ?

そんな妄想を自由に遊ばせた、かわいらしい絵本。

読み終わると、

たまには難しいことを考えないで、空想してみてもいいかなぁ

とほんわりした心地になります。

ものすごくおおきなプリンのうえで

ものすごくおおきなプリンのうえで

  • 作者: 二宮由紀子,中新井純子
  • 出版社/メーカー: 教育画劇
  • 発売日: 2010/04
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 1人 クリック: 91回
 

 

 ないた

いちにち

いっかいぼくは なく

どうしてだろう?

(本文より)

どういうときに泣くのか?なんで泣くのか?泣くのは悪いこと?

お子さんと一緒に読みながら、

「なんで、泣いているのかな」

一緒に考えてみるのもいいかもしれない。

いろんな「泣く」を教えてくれる絵本です。

ないた

ないた

  • 作者: 中川ひろたか,長新太
  • 出版社/メーカー: 金の星社
  • 発売日: 2004/09
  • メディア: 大型本
  • クリック: 2回
 

 

 ブラッキンダー

パンチのある絵から魔力すら感じる「ブラッキンダー」

いぬのフンザくんが寝ている間に、

インクのブラッキンと、サボテンのキンダーちゃんの冒険が始まります。

めくるめく奇想天外、奇天烈、破天荒な展開は

ジェットコースターに乗っている感覚です。

意味は深く考えず、とにかく楽しむ!そんな1冊です。

ブラッキンダー (こどもプレス) (こどもプレス)

ブラッキンダー (こどもプレス) (こどもプレス)

  • 作者: スズキコージ
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2008/08/17
  • メディア: 単行本
  • クリック: 9回