読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりどりえほん

絵本好きのWebディレクターが、毎回テーマにそって、絵本を数冊紹介していくブログです。

楽しめるのは大人の特権…精巧・緻密なしかけ絵本

絵本 大人向け

ひらくと絵が飛び出してきたり、向きを変えると違う絵が見えてきたり…見る人のハートをつかむ、しかけ絵本。最近はいろんなアイデアのしかけ絵本がありますが、今回は、大人だからこそ楽しめる、ちょっと凝ったしかけ・ストーリーの絵本を紹介します。

それぞれamazonリンク先で、本を開いたときの写真が掲載されています。気になった本はぜひチェックしてみてください!

不思議の国のアリス

ベストセラーにもなっていたので、ご存知の方も多いと思いますが、「不思議の国のアリス」しかけ絵本。子供の頃ディズニーアニメで見ていたのとは違う、グッとアンティーク感のあるイラストのアーティスティックな1冊です。

薬を飲んで大きくなってしまったところや、トランプの女王においかけられてトランプの舞うシーンなど、ページいっぱいの飛び出す仕掛けの迫力はもちろん、ティーカップなどストーリーのすみに施された小さな仕掛けも、非常に精巧に出来ています。(子どもに触らせたら破かれそうで怖いレベル!)

きちんとしたストーリーも改めて楽しむことが出来、まさに大人向けな1冊。

北斎 ポップアップで味わう不思議な世界

多くの人々に愛される江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎。私自身、何度か展示会も行っていて、画集も持っていますが、この本はまた別物!として持っています!

大胆で潔い構図が美しい北斎の絵は、平面でも立体的に描かれていますが、飛び出すしかけ絵本になると、その世界観がより際立ち、大変美しく感動を呼びます。表紙の「富嶽三十六景」や「鳳凰図屏風」をはじめ、北斎の有名な作品をさらに立体的に蘇らせたこの絵本は、たくさんの人に見てもらいたい1冊です!

フラワー・フェアリーズ(花の妖精たち)のお話

 

妖精の絵本を多く描かれている、シシリー・メアリー バーカーさんの1冊。原作(英語・右側)版のほうがより世界観が美しく感じるのでそちらをおすすめしたいのですが、ほとんど取り扱いが無いようなので、翻訳版(左側)を紹介します。

特筆すべきは絵・装丁の美しさ。前に紹介した2作品に比べ、飛び出すしかけ自体はそこまで派手ではないですが、みひらきいっぱいに広がる幻想的で優しく美しい世界は本当に癒やされます。大人の女性にぜひ読んでほしい1冊。

360°BOOK 富士山 Mount FUJI

絵本、というよりはインテリア的な1冊を紹介。表表紙・裏表紙をくっつけるように開くと、各ページがジャバラのように広がり、立体的な富士山が登場するようになっています。富士山をとりまく雲、ツル、おひさまもとても美しく、ギフトにも喜ばれること間違い無し。

地球・白雪姫のりんごの木版もありますが、富士山が一番おすすめです!

もうひとつの研究所パラパラブックス

手のひらにおさまるような、小さななサイズのパラパラ絵本。パラパラ絵本といってもこちらは大人向けなリッチ絵本。

光の玉がモミ林の中をとんでいく「クリスマスの足音」、コガネムシ?が穴(本当に穴が開いている)を掘り進んでいく「むしくいさま」、モネの世界観を蘇らせた「パラパラ名画 Monet / モネ 印象、日の出 」など、それぞれのパラパラ絵本に新しい「しかけ」がほどこされています。

大人も子どもも夢中になる!博物館みたいな絵本

テーマ動物 テーマ博物館 大人向け 子供向け 絵本

珍しい生き物、世界の文化、絶景・珍景…みんな大好き博物館系コンテンツ。ワクワク・ドキドキを絵本で楽しめるなんて素敵ですよね!ちょっと値が張りますが、いつ、何回めくっても楽しい体験はプライスレス。今回はそんな大型本を紹介します。

MAPS(マップス): 新・世界図絵

ポーランドの人気絵本作家さんご夫婦の著書。多くの本屋さんで紹介されており、ご覧になった方も多いと思います。世界中をすみずみまで調べ上げ、3年かけて描かれた超大作。食べ物や服装などの文化、偉人や歴史、生き物…どのページにも細かくぎっしりつまっています。小さなお子さんから大人まで長く楽しめる1冊です。

UNDER EARTH, UNDER WATER(アンダーアース・アンダーウォーター): 地中・水中図絵

前述「MAPS」と同じ絵本作家さん夫婦の新作。1冊の本のおもて表紙・うら表紙それぞれが地中のお話「アンダーアース」と、水中をお話「アンダーウォーター」という構成になっています。言いたいことはいろいろあるけど、百聞は一見にしかず。どちらから読んでも楽しい。公式サイトもあるので、買う前にこちらも見てみてください!

www.underearth-underwater.jp

アニマリウム ようこそ、動物の博物館へ

内容について、↓のように紹介されているとおり

ようこそ「アニマリウム」へ。この博物館は24時間、365日開いていて、子どもから大人まで、あらゆる来館者のために、160種を超える動物たちの素晴らしいコレクションが展示されています。

内容(「BOOK」データベースより)

この絵本に描かれている生き物は、美しく精密・かつ正確に描かれており、動物の進化・地球の生物の多様性を、わかりやすい説明で学ぶことができます。

大型本のページいっぱいに描かれた写実的な絵たちは、圧巻の一言。ぜひ実物の本で体験してみてください。

ワンダーガーデン 生命の扉―5つの楽園、多彩な生きもの

5つの楽園・熱帯雨林、サンゴ礁、砂漠、森林、山脈を舞台に、生き物の本当の姿を描いた、図鑑絵本の傑作。アカコンゴウインコ、メキシコオオカミ、ユキヒョウなど、様々な動物が登場します。米国Amazon.comにて、2015年度子供の本ノンフィクション部門ベスト20にも選ばれた1冊。美しい絵には超癒やされます。

番外編:奇界遺産

絵本ではなく写真集ですが・・・世界で唯一の洞窟村、マチュピチュを超える天空の城塞、フリーメーソンが作った城…フォトグラファー佐藤健寿さんが、過去五年に渡って世界を股にかけ、撮影・取材した世界の奇妙なモノ写真集。

ページをめくるたび、その奇怪さにグイグイ惹きつけられます。※ものすごい興味深いのですが強烈なので、お子さんは怖がるかも。一緒に見る場合はご注意を…!

日本の絵本賞をまとめました

テーマ受賞 絵本

あまりまとまっているところが無かったので、メモも兼ねて書いてみます。創設時期の古い順。随時更新していきます。

日本絵本賞

「絵本芸術の普及、絵本読書の振興、絵本出版の発展に寄与する」ことを目的に創設。対象絵本は、2015年10月から2016年9月までに、日本において出版された絵本。

主催:(公社)全国学校図書館協議会、毎日新聞社

創設時期:1995年(前身の「絵本にっぽん賞」は1978年創設)

公式サイト:日本絵本賞公式サイト

過去の受賞作品:

 

 過去受賞作品について、別記事で詳しく書いています。↓

www.toridori-ehon.com

 

講談社 絵本新人賞

公募新人賞。応募作品は原則として、幼児・児童を読者対象とした自作未発表の創作絵本作品で、単行本として絵本を商業出版した実績のある方は応募できません。

主催:講談社

創設時期:1979年

公式サイト:絵本新人賞 | 講談社絵本通信

過去の受賞作品:

 

MOE絵本屋さん大賞

全国の1900人の絵本専門店・書店の児童書売り場担当者にアンケートを実施、その年に最も支持された絵本30冊を決定しています。

主催:月刊絵本雑誌「MOE」(白泉社)

創設時期:2008年

公式サイト:絵本屋さん大賞|絵本のある暮らし|月刊MOE 毎月3日発売(なぜか2014年の第7回から更新されていません…)

過去の受賞作品:

 

be絵本大賞

未発表の絵本を募集し、応募作品からグランプリ作品を選出し、出版、映像化を目指すプロジェクト。講談社絵本新人賞とは異なり、作家自身の実績は問わないようです。

主催:フジテレビKIDS、BSフジ、ポニーキャニオン、扶桑社

創設時期:2008年

公式サイト:be絵本大賞

過去の受賞作品:

 

ようちえん絵本大賞

回によって選考基準は異なるようですが、最も最近の第8回は、"子どもに読み聞かせたい絵本"、"お父さん・お母さんに読んでほしい・お勧めしたい絵本"を選考の基準として、(公財)全日本私立幼稚園幼児教育研究機構・調査広報委員会が、過去5年以内に出版された絵本の中から選考されたとのこと。

主催:(公財)全日本私立幼稚園幼児教育研究機構

創設時期:2009年

公式サイト:ようちえん絵本大賞:幼児教育の調査・研究 - 私立幼稚園.com

過去の受賞作品:

 

リブロ絵本大賞

リブロ・よむよむ・パルコブックセンター各店の児童書担当者が「広く紹介したい」「強くおすすめしたい」と思う作品を選ぶ良書発掘企画。

主催:株式会社リブロ

創設時期:2010年

公式サイト:リブロ絵本大賞とは? - スペシャル - リブロ | LIBRO | よむよむ | パルコブックセンター

過去の受賞作品:

 

えほん大賞

応募作品は自作未発表作品に限る、公募賞。絵本の公募賞ではめずらしく1年に2回(4月・10月)開催されています。

主催:文芸社

創設時期:2011年

公式サイト:第12回えほん大賞 - 文芸社

過去の受賞作品:

 

今勢いのある絵本作家さんと代表作|ヨシタケシンスケ、のぶみ他

絵本 テーマ作家

絵本は子どもだけのものじゃない。大人だって楽しめる素敵なモノ。過去3回MOE絵本やさん大賞第1位を受賞したヨシタケシンスケさん、情熱大陸に出演されたのぶみさんはじめ、独自のスタイルで人々をワクワクさせる絵本作家さんを紹介します。

個性的なイラスト、文句なしに面白い展開。ぜひお気に入りの作家さんを見つけてみてください。

ヨシタケシンスケさん

▼こんな人

1973年神奈川県茅ヶ崎市生まれの、絵本作家・イラストレーター。(参照元:ヨシタケシンスケ - Wikipedia

記憶に新しい、第9回MOE絵本屋さん大賞「もう ぬげない」で第1位だけでなく

  • 第6回MOE絵本屋さん大賞「りんごかもしれない」(デビュー作)で第1位
  • 第8回MOE絵本屋さん大賞「りゆうがあります」で第1位

と、なんと過去3回もMOE絵本屋さん大賞で1位を獲得されている、今もっともアツい絵本作家さん。

▼代表作

ヨシタケシンスケさんの絵本は、どれもアイデアがぎっしりつまったユーモアあふれる作品。

個人的なオススメは「りんごかもしれない」。男の子が食卓にあったりんごから、めくるめく想像の翼を広げて…とんでもない可能性を探る妄想の旅。想像力があれば、りんご1つで物語が無限に生まれるんです。

  

▼公式サイト

ヨシタケシンスケページ

ヨシタケシンスケのスタンプもあります - クリエイターズスタンプ

のぶみさん

▼こんな人

1978年東京都品川区生まれの、絵本作家。少年時代はいじめや不登校を経験し、高校時代には「池袋連合」というチーマーのトップだったこともある、波乱万丈の経歴をお持ちです。

ほんわり温かみのある作画は、絵本だけでなく、Eテレ(NHK教育テレビジョン)の「みいつけた!」の「おててえほん」、「おかあさんといっしょ」の「よわむしモンスターズ」など、お子さんがいらっしゃるご家庭では超おなじみのはず。

脚本家・宮田健吾さんとともに、東日本大震災の復興チャリティーアイドル(ゆるきゃら)「あたまがふくしまちゃん」を作成。被災者の支援に取り組まれています。

http://www.fukushimachan.com/img/introduction_img01.jpg

引用元:福島県の復興チャリティアイドルゆるキャラ『あたまがふくしまちゃん』オフィシャルサイト

▼代表作

のぶみさんの大傑作で、大反響を呼んだ「ママがおばけになっちゃった!」は、なんと発売初日に増版がかかるという超話題作。(詳しくはこちら→のぶみ最高傑作『ママがおばけになっちゃった!』53万部の感動レター|今日のおすすめ|講談社BOOK倶楽部

個人的なオススメは「ママのスマホになりたい」。あたたかみのあるイラストに、アイロニーや現代風刺要素もある、深いストーリーが刺さります。ぜひママに読んでもらいたい1冊です。

▼公式サイト

絵本作家のぶみのオフィシャルホームページ

絵本作家のぶみ(@nobumi2010)さん | Twitter

tupera tupera(ツペラツペラ)

▼こんな人

「かおノート」でおなじみ、亀山達也さん・中川敦子さんのアートユニット。絵本やイラストレーションをはじめ、工作、舞台美術、アニメーションなど、多岐にわたりご活躍されています。

Eテレ「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションを手掛けられており、ノージーやシナプーはじめ、カラフルでワクワクする、特徴的なデザインに、くぎ付けになってしまう親御さんも多いはず。(私ももちろん大好きです…!) 

▼代表作

付属のシールを自由に貼って、様々な「かお」が表現できる「かおノート」シリーズ、第18回日本絵本賞読者賞を受賞した「しろくまのパンツ」も有名ですが、個人的なおすすめは「うんこしりとり」。「〇〇のうんこ」でひたすらしりとりする絵本なんですが、シュールで思わず脱力する感じが、リフレッシュに最適ですw

▼公式サイト

tupera tupera(ツペラ ツペラ)

tupera tupera (@tuperatupera) | Twitter

鈴木のりたけさん

▼こんな人

1975年静岡県浜松市生まれ。グラフィックデザイナー、イラストレーターを経て、絵本作家としてデビューされ、「ぼくのトイレ」で第17回日本絵本賞読者賞を受賞。

端的なタイトル、印象的な表紙。ストーリーもユニークでありながら、細部まで特徴を捉え、考えられて描かれている各ページの構図がすばらしい、知的な印象の作家さん。

▼代表作

有名な「ぼくの〇〇」シリーズ、「しごとば」シリーズはぜひ手に取っていただきたい絵本。

個人的に紹介したいのは「とんでもない」。↓の4冊の並びからも、はなをほじくっているライオンの表紙が異質なのが伝わると思いますが、いきものそれぞれならではのポジティブな世間からの誤解と、実態をユーモアたっぷりに描いた1冊。

じぶんに ないものは よくみえるけど

あったら あったで いろいろ たいへん

さて ほんの つづきでも よもうっと

(本文より)

▼公式サイト

鈴木のりたけ日記

鈴木のりたけ (@noritakesuzuki) | Twitter

工藤ノリコさん

▼こんな人

1970年神奈川県生まれの、絵本作家・漫画家さん。「ノラネコぐんだんおすしやさん」第9回MOE絵本屋さん大賞で第3位に。映像作家で旦那様の工藤利幸と「ノラネコシリーズ」のPVを作成・youtubeで公開されています。

工藤ノリコさんの絵本の魅力は、ニワトリ、ネコ、ペンギン…愛嬌たっぷりの登場人物(動物)たちはもちろん、日常が舞台なのにそこで展開する非日常のストーリーというギャップと、見開きページいっぱい緻密に描かれたイラスト。

▼代表作

大人気「ノラネコぐんだん」「ピヨピヨ」シリーズはもちろん、今回紹介したいのは「セミくんいよいよこんやです」。ある暑い夏の日、地中で暮らすセミくんの家に、1本の電話がかかってきます。虫たちの小さなドラマ、工藤ノリコさんが描く、ユーモアたっぷりの「セミの羽化」、ぜひ味わってみてください。

▼公式サイト

工藤ノリコ&工藤利幸のオフィシャルサイト

工藤ノリコ (@Noriko_Kudoh) | Twitter

ミロコマチコさん

▼こんな人

1981年大阪府枚方市生まれの、画家・絵本作家さん。京都精華大学在学時に児童文学を学ばれ、2013年、絵本「オオカミがとぶひ」が第18回日本絵本賞大賞を受賞されています。

イラストレーター・藤枝リュウジさんとともに、Eテレ「コレナンデ商会」のアートディレクションを担当されており、お子さんのいらっしゃるご家庭では記憶にある方も多いハズ。

▼代表作

 愛猫家で、動物・植物が多く登場するミロコマチコさんの絵本。日本絵本賞大賞を受賞された「オオカミがとぶひ」はもちろん、生き物を独特の感性で描いた作品は、どれもオススメ。個人的に紹介したいのは、「ぼくのふとんはうみでできている」。ネコとふとんに入る男の子、徐々に眠りに落ちていく様が海に浮かんでいるよう…夢の世界へ入っていくと、さまざまな動物が現れます。大人も子どもも想像力が刺激される1冊。

「オオカミがとぶひ」他、日本絵本賞受賞作品については下記エントリーで紹介しています。↓

www.toridori-ehon.com

 

▼公式サイト

展覧会・作品のお知らせはもちろん、美しい絵がたくさん掲載されています。ファンの方必見!

ミロコマチコ - mirocomachiko web site

ミロコマチコ (@mirocomachiko) | Twitter

「いい絵本・正しい絵本の選び方」って何なのか。考えてみた

コラム

子どもがいると、1度は気になる絵本選び。グーグル先生に「絵本 選び方」で検索するとたくさんのサイトがヒットします。

で、いろいろ書かれているけれど、ぶっちゃけ読む人が「おもしろい!好き!と思う本=いい絵本」という結論に至ったので、それについて書きます。

「いい絵本」って何?

そもそも、読み聞かせの効果は、というと。

一番よくまとまっていたサイトの項目を、引用させていただくと↓

  1. 「情操教育」で子どもの心を成長させる効果
  2. 絵本をとおして色んな世界を体験できる
  3. 親子のコミュニケーションが生まれる

引用元:大人なら知っておきたい「絵本の読み聞かせ効果と絵本の選び方」 : 出版・書店業界がわかるWebマガジン KOTB(ことびー)

つまり、これらの効果をより高く得られる本が「いい絵本」ということですね。

具体的には、どんな絵本が「いい絵本」?

じゃあどんな絵本が、読み聞かせの効果をMAX得られるのか。色々なサイトを見ましたが、具体的な指南のある文献は見当たらず。一番ぐっと来たのは、福音館書店のこのフレーズ

お母さんは1冊の絵本を手にされるとき、この1冊の絵本が、わが子にどれくらい多くの喜びと楽しみを与えることができるかを、まず考えてみてください。

引用元:本の与え方 福音館書店

結局、アレコレ言うけど、読む人(ここではこども)が「おもしろい!」「好き!」と思える絵本が「いい絵本」なのではないでしょうか。

ベストセラーは確かに「いい絵本」だけどそれだけじゃない。

よく「いい絵本」「おすすめの絵本」にベストセラーばかりが並んでいることがあります。もちろん、ベストセラーはいい絵本がたくさんあります!言いたいのは、ベストセラー以外にもいい絵本(「おもしろい!」「好き!」と思える絵本)って、たくさんあるよね?ということです。

ベストセラーだけを選ぶことは確かに無難かもしれないけれど、それってなんだかつまらなくないですか。一昔前の「コミックはだめだ。純文学を読みなさい。」的なかたさを感じます。

子どもの性格もそれぞれなのと同様に、好みもさまざまです。絵本を選ぶ時間がとれない場合はベストセラーを中心に、時間があるときは、ちょっと冒険していろいろな本を選んでみてはいかがでしょうか。

おもしろい絵本に出会う方法

絵本って、正直価格が高い。だから、気軽に買えるものじゃないのは承知の上。なので、内容を確認できる方法を。

1. 図書館や、子ども用読書コーナーのある書店で、手に取りながら探す

その場で手に取って、内容を確認するには、図書館・書店が一番。図書館ではベストセラーが、書店では新刊が多くチェックできます。

※一部書店では、子どもの試し読みを嫌がられるお店もあるので、ご注意ください…

2. レビューサイトでおすすめの本を探し、図書館蔵書検索で探す・借りる

絵本ナビ、All aboutなどで、テーマ・月齢別おすすめ絵本が紹介されているので、それらを最寄りの図書館で借りる方法。

こういうサイトに掲載されている絵本は、大抵図書館でも貸出中だったりするので、図書館に行って自力で探すより、蔵書検索からの予約がオススメです。

時間がない・効率よく本と出会っていきたいかたは、1より2がオススメです。

参考サイト

いろいろ見ましたが、その中で「絵本とのつきあいかた」の参考になりそうなサイトを貼っておきます。

関連記事

もちろん、このブログでも、絵本紹介していきますよ!

全て、ちゃんと自分で読んで、書いてます。

www.toridori-ehon.com

www.toridori-ehon.com

www.toridori-ehon.com

 

やっぱりワニが好き。ワニづくし絵本6冊

絵本 テーマ動物

爬虫類の「ワニ」って、本来は優秀ハンターなアマゾンの主。

そのワイルドさが人気の動物ですが、絵本にも多く登場しています。

今回は、ワニ好きのための、

どこかシュールで憎めないワニたちが出てくる絵本を5冊紹介します。

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ

うっかり虫歯になってしまったワニさんと、
突然やってきたワニにうろたえる、歯医者さん。

おなじセリフなのに、立場によって違う意味に聞こえる、不思議な世界!

子供も大人も楽しめちゃいます。

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ (五味太郎の絵本)

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ (五味太郎の絵本)

  • 作者: 五味太郎
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 1984/06
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 9回
 

ワニのワッフルケーキやさん ワニッフル

とってもおいしいワッフルのお店「ワニッフル」。
評判の美味しさに、森中のどうぶつたちが押し寄せて…

「みないでね」と言われると見たくなる!

シンプルでほっこりする、かわいらしいお話。

カップルでスイーツ屋さんを経営している、というのも現代っぽくていいです。

ワニのワッフルケーキやさん ワニッフル

ワニのワッフルケーキやさん ワニッフル

  • 作者: 谷口智則
  • 出版社/メーカー: アリス館
  • 発売日: 2016/06/20
  • メディア: 大型本
 

 

ワニくんのながーいよる

怖い映画を見てしまったワニくん。もう寝る時間なのだけど…

淡い色合いで描かれる人気のワニくんシリーズ。

誰もが経験のある、寝ようとすればするほどどツボにハマる「眠れない」ループ。

さてさてワニくんは眠れるのかな…?

ワニくんのなが~いよる

ワニくんのなが~いよる

  • 作者: みやざきひろかず
  • 出版社/メーカー: BL出版
  • 発売日: 1998/12/10
  • メディア: 大型本
 

 

バルボンさんのおでかけ

こどもたちに人気の、バルボンさん。

とっても天気のいい日に、のんびりおでかけです。

ほのぼの

バルボンさんのおでかけ (ワニのバルボン)

バルボンさんのおでかけ (ワニのバルボン)

  • 作者: とよたかずひこ
  • 出版社/メーカー: アリス館
  • 発売日: 1998/10
  • メディア: 大型本
  • クリック: 6回
 

 

おやすみ、わにのキラキラくん

星のきれいな夜、ジャングルに住むワニのアリゲーが、星と星をつなげてできた「キラキラくん。」

キラキラくんはつぎつぎにいろんなお願いをするのですが、アリゲーはどうやって叶えてあげるのかな?

空想は、なんでも叶えてしまう、素敵な魔法。満点の星空で、こどもとこんなふうに遊んでみたいなぁ、と思う1冊です。

おやすみ、わにのキラキラくん (世界傑作絵本シリーズ)

おやすみ、わにのキラキラくん (世界傑作絵本シリーズ)

  • 作者: カズコ・G.ストーン,Kazuko G. Stone,いぬいゆみこ
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1993/10/20
  • メディア: 大型本
  • クリック: 1回
 

コーネリアス

卵からかえったときから、立ってでてきたコーネリアス。仲間より好奇心旺盛なコーネリアスは、発見したことを仲間に告げるが、いつも冷たい反応。

その冷遇にたびたび怒るが、コーネリアスの見ていないところで、こっそり彼の真似をしていることに気づいて、笑顔になります。

人間社会でも、こういう人たちよくいるなぁと、思わずニヤッとしてしまう、ちょっとシュールなお話です。

コーネリアス―たってあるいた わにの はなし

コーネリアス―たってあるいた わにの はなし

 

 

1~2歳にオススメな、気持ちによりそった絵本7冊

1歳 2歳 テーマ生活

1歳を過ぎると、簡単なストーリーが理解できるようになります。また、日常生活に添ったお話を読むことで、自分から表現することを考えるきっかけにも。

今回は、単純明快で、ふだんの出来事が題材の7冊を紹介します!

じょうずに運べるかな?

1~2歳の子供にとって、モノをこぼさずに運ぶのは、すごく大変。

「そおっとそおっとね」の女の子は、おやつを運ぶところ。

たおさないように、一生懸命運ぶ姿から、緊張感が伝わってきます。

さまざまな障害物をのりこえ、やーっと運べたときの笑顔!

おもわず親子で「やったね!」と言ってしまいますよ。

そおっとそおっとね (せいかつ・えほん)

そおっとそおっとね (せいかつ・えほん)

 

 

お料理してみたい!

行動範囲が増え、なんでも自分でやってみたい年頃。

ママが料理をする姿をみて「私もやりたい!お料理したい!」というお子さんも多いですよね。

この本は、しろくまちゃんがおかあさんといっしょにホットケーキをつくるお話。

上手にできないこともあるけれど、ちゃーんと焼けたホットケーキは味も格別です。

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

 

 

うんちに、興味津々!

トイレトレーニングと排泄の話題は、切っても切れない関係。

「わんわんがうんちした!」

「ママもうんちするの?」

うんちの話題が出たら「みんなうんち」がオススメです。

さかな、鳥、いろんな動物、

大人から赤ちゃんまで、いきものはみんなうんちをする。

たべるからうんちをする。

シンプルだけど、絵だからこそ伝わる1冊です。

みんなうんち (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)

みんなうんち (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)

 

 

上手にねんね、できるかな?

ねんねの本といえば、「ねないこだれだ」が有名ですが

こちらの「ねんね」では、

なにかと理由をつけて寝たがらないまみちゃん(主人公の女の子)に、ママが

「おばけも、オニも、みーんな夜は寝るから、まみちゃんも寝ようね」

というストーリー。

うちのムスメは、「寝ないとオバケにつれていかれるから寝る」よりも

「みんな寝るから寝るんだ」という話のほうがハラオチしたようでした。

まみちゃんとママのやりとりの裏で、

着替え・はみがきなど寝る準備もしていて、

それもふくめて、「ねんねがこういうもんだ」という理解になったように思います。

ねんね (講談社の幼児えほん)

ねんね (講談社の幼児えほん)

 

 

どうやったら「いたい!」ってならないかな?

おもちゃが足に落ちたり、

階段からすべって落ちてしまったり、

おだんごの串がつっついたり…

ふんだりけったりのこぐまちゃん。

子供にとっても、よくある「痛いこと」。

こぐまちゃん、最初は「いたい!」と言うだけだったのに、

次第に、どうやったら痛くないか・防げるかを考えるようになります。

「こぐまちゃん、痛かったね」

「〇〇ちゃんだったら、どうする?」

など、話ながら読んであげると、いいきっかけになりそうです。

こぐまちゃんいたいいたい (こぐまちゃんえほん)

こぐまちゃんいたいいたい (こぐまちゃんえほん)

 

 

おふろって、楽しいよね!

おふろが大好きな、わにのワニワニ。

お湯をためて、体を洗って、おもちゃをうかべて...遊びながらも1つ1つきちんとやっていくワニワニ、最後はお湯にしっかり浸かって、おふろを出ていきます。

うちのムスメも、この本を読んでから

ワニワニもちゃんと体洗ってたね〜、おふろに入ってたね〜、などと言いながら、楽しそうに入っています。

出てくる擬音、擬態語もおもしろくて、盛り上がりますよ!

わにわにのおふろ (幼児絵本シリーズ)

わにわにのおふろ (幼児絵本シリーズ)

 

 どうしても、いやだいやだって言っちゃうけど…

イヤイヤ期真っ只中のルルちゃん。

なんでもすぐにいやだ!って言っちゃうから、ママも、おやつも、みんなやだって言われちゃって...

なんで、ルルちゃんは、いやだって言っちゃうのかな?

ママやおやつは、なんでいやだって言ってるのかな?

こどもは、自分のことはうまく表現できなくても、第三者になると、こどもなりに冷静に考えられたりするようです。

絵本の力を借りて、お子さんと一緒に考えてみてはいかがですか。

いやだいやだ (いやだいやだの絵本 3)

いやだいやだ (いやだいやだの絵本 3)